<古称>
皐月 草月 早苗月 菖蒲月 橘月 授雲月 浴蘭月 雨月 鶉月 星月 月不見月 多草月

<野菜>
夏大根 新馬鈴薯 新玉葱 新牛蒡 新百合根 新蓴菜 莢豌豆 (絹莢·三度豆)
篠竹 破竹 花丸胡瓜 胡瓜 山落 独活 芽芋 石川羊 白瓜 冬瓜 丸茄子 加茂茄子 松菜 蔓菜
蚕豆
千石豆 青唐辛子 浅葱 夏蔽 ぜんまい たらの芽 芋茎
根三つ葉 芽紫蘇 松露 花山椒 花柚子 茗荷竹 浜防風 山葵
辣菲
新キャベツ レタス グリーンアスパ 「クレソン トマト 夏蜜柑 八朔 伊予柑
さくらんぼ メロン

<魚鳥>
車海老 黑鯛 えぼ鯛 間八
わらさ はまち
鮎魚女 石首魚(いしもち)
虎魚 鰹 細魚
鯵 
飛魚 笠子 眼張 鱚
福子
石鰈 真鰈 目板鰈 縞鯵
羽太 太刀魚
皮剥ぎ 赤兔 鮑 平貝 帆立貝 海松貝
赤貝
栄螺
浅喇 青柳
蝦姑
蛍烏賊 劍先烏賊 青利烏賊
ほや 雲丹 鯉
泥鰌 若鮎 山女 岩魚 天魚 ごり
鎌柄 鰉


<菓子>
柏餅 水山吹 山根つつじ
落とし文 麦手餅 加茂山 みたらし 二葉餅 初鰹 卯の花
藤の花 花菖蒲 五月雨糖 青楓 蕗漬 藤子 觀世水 菖蒲皮

<茶花>
花菖蒲 卯の花 おだまき草 杜若
芍藥
山藤
玉藤
姬空木
白三木(はくさんぼく) 白雲木 黑百合 山法師 山吹草 丁子草 風車 二人静 皇月梅 忍冬 天人花 薊 金銀木 白系柳 昼顏 撫子 こでまり 山でまり
雪の下 花筏
都忘れ 笹百合 縞萩 熊谷草 敦盛草 青薄 鉄線 矢車草 いぶき虎の尾 金雀枝

<一般季語>
メーデー 子供の日 憲法記念日 母の日 八十八夜
茶摘
新茶 端午
柏餅 鯉幟
吹流し 矢車 菖蒲湯 武者人形 (五月人形) 風薫る 薫風 若葉 青葉 新緑 新樹 若竹 麦秋 若楓 葉桜 五月富士
夏めく 立夏 小满 清和
走り梅雨 夏浅し 薄暑 初夏 五月尽 麦刈 神田祭 三社祭 葵祭り


<歳時記>
端午の節句五節供の一つ。月初めの午の日。陰暦五月五日の男子の節供。邪気を払うため に菖蒲(しょうぶ)や蓬(よもぎ)を軒にさし、擦(ちまき)・柏餅を食べる。江戸時代以降、男児の ある家では鯉のぼりを立て、甲冑(かっちゅう)、刀、武者人形などを飾って子の成長を祝う。現 在は国民の祝日「子供の日」。《季-夏》 
「ちまき【粽・茅巻】(「ち(茅)まき(巻)」の意で、古く茅(ちがや)の葉で巻いたところからいう)笹やまこもで、もち米・うるち米の粉を巻き、長円錐形や三角形に固めて香草で巻いて蒸した餅。端午の節供に食べる習慣は、五月五日に泊羅(べきら)に入水した屈原をとむらってその姉が餅を江に投じたことからはじまるという。かざりちまき。《季・夏》
田植え月...瑞穂の国のわが国では田植えの前に神を祀り、女の家と称して田植えの役割を 努める早乙女たちが穢れに触れないよう家に籠もり、田の神を迎えた。五月五日を女の家と 呼ぶところがある。
早乙女…花田植などの田植行事や、各地の神社の田植神事で、その神事に奉仕するおとめ。 田の神に仕える聖なる女性としての印象をとどめる。川柳では特に大阪市住吉区の住吉神社 の御田植祭に奉仕した泉州(堺市)の乳守の遊女をいう。
さなぶり【早苗】…さのぼり【早上)(「さ」は接頭語で神稲の意)田の神が天上する、田植終了の祝い。さなぶり。さなぼり。 さおり《季・夏》 
はちじゅう-はち-や(八十八夜)… 立春から八十八日目の日。陽暦の五月一、ニ日ごろに当たる。この頃が霜の降りる最後となるので、農家では種蒔(たねま)きの季節とする。初摘み茶もこの頃。