<古称>
水無月 常夏月 鳴神月 風待月 凉墓月 且月(しょげつ) 熱月 松風月 蝉羽月 水月 季月 伏月


<野菜>
夏大根 馬鈴薯 新玉葱 生姜, 百合根
篠竹
淡竹
胡瓜
独活 石川羊 白瓜 冬瓜
南瓜
丸茄子 加茂茄子 松菜 蔓菜 蚕豆 千石豆 青唐辛子 浅葱 夏蕨 ぜんまい たらの芽 芋茎 三つ葉 紫蘇 松露
花仙子 茗荷
辣菲 山葵 浜防風 新生姜
新キャベツ レタス ドグリーンアスパラ
クレソン トマト
夏蜜柑
桜ん坊 メロン 批把 西瓜
夏グミ 最主



<魚鳥>
車海老 血鯛
黑鯛
伊佐木 穴子 太刀魚 間八 ハマチ
虎魚
細魚
飛魚
笠子
眼張 福子 平政 石首魚(いしもち) 真鰈 鮎魚女
石鰈 真鰈 目板鰈 鱚 縞鯵
羽太 皮剥 赤魚 おひょう
平貝 青柳 蝦姑 螢烏賊
剣先烏賊 青利烏賊
ほや 雲丹 鮎, 岩魚 山女 うぐい
泥鰌 天魚
ごり

<菓子>
麦饅頭 青梅 卯の花 水無月 河骨 麦手餅
夏の月 早苗金团 葛焼き 竹流し 青楓
水 滝煎餅
松葉 時鳥煎餅


<茶花>
甘茶 野甘草 百合根
芍薬
泡盛草 夏菊 紫陽花 鉄線 ななかまど 唐松層 月見草
鹿の子草 梅雨萩 夏萩 螢袋 紅花 谷空木 しもつけ 木槿
羽衣草 睡蓮 沙羅双樹 菩提樹 石榴 丁子草 矢筈草 薔麦菜 弟切草
破れ傘
河原撫子 三白草 美女柳 桔梗 龍胆


<一般季語>
芒種 梅雨 梅雨入り 入梅 梅雨空 梅雨晴れ 空梅雨 梅雨寒 卯の花腐し 梅雨出水 青田 田植祭り 水番 雨乞い 點解禁 鮎釣り 岩魚釣り 山女釣り
夜釣り 鵝飼
更衣(ころもがえ) 黒南風(くろはえ) 麦秋 麦刈り 麦打ち 季 青梅 桜ん坊 桃
枇杷
青柿 桑の実 山桜桃(ゆすらうめ) 竹酔日 蜜柑の花 栗の花 椎の花 梅の花
青き
時鳥 郭公 閑古鳥 書物
青蛙
河鹿 蝸牛(かたつむり) 父の日 桜桃忌 夏至 大祓い 夏越祭り

<歳時記>
 田植え...アジアモンスーン地域特有の民族風景で、梅雨が無ければ始まらない。 
ぼうしゅ芒種....二十四節気の一つ。太陽の黄経が七五度のときをいう。陰暦五月 の節で、陽暦の六月六日頃に当たる。養蚕麦刈りの時期。 
つゆいり梅雨入・入梅…つゆの季節にはいること。暦の上では芒種(ぼうしゅ)の後の壬(みずのえ)の日にはいるという。気象学的には日本付近に前線が停滞し雨が降りやすくなると きで、五月下旬~六月上旬にあたるが、年による変動がかなり大きい。にゅうばい。
げし【夏至】...(古くは「げじ」)二十四節気の一つ。太陽が黄道上の九〇度の点を通過する時をいい、新暦の六月二二日頃に当たる。太陽の赤緯は最北となり、北半球では南中の高度が最も高く、昼がいちばん長い。
いずれアヤメかカキツバタ
あやめ菖蒲(漢女あやめから)
1 アヤメ科の多年草。山野に自生するほか観賞用として庭、池辺などに栽培。高さ30~60センチメートル。葉は剣の形で、基部は淡紅色をおびさや状。初夏、紫や白などの花が咲く。外花被は花弁状で垂れ下がり、基部に黄と紫の虎斑(とらふ)模様がある。内花被は細く直立する。古名(白菖と区別する必要があったため)はなあやめ
2 サトイモ科のショウブの古名。初夏に黄色の細花が咲く。葉は剣の形で香気が強いので邪気を払うとされ五月五日の節句には、軒や車にさし、後世は、酒にひたしたり、湯に入れたり種々の儀に用いる。菖蒲の枕菖蒲の髪菖蒲の湯菖蒲の兜菖蒲刀の類。一方、根は 白く、長いものは四、五尺に及ぶので、長命を願うしるしとする。また、根合わせといって、その長さを競う遊びもある。歌では物の文目(あやめ)に言いかけてよまれることが多い。

かきつばた燕子花・杜若(上代は「かきつはた」)
(和名は「書付花(かきつけばな)」の変化で、昔は、花の汁で布を染めたところからいう。
ふつう「燕子花・杜若」と書くが、漢名としてはいずれも誤用)アヤメ科の多年草。東シベリア、中国北部、朝鮮、日本各地の池沼、水辺などの湿地に生え、観賞用に栽培もされる。 高さ四〇~八〇センチメートルで、茎は分枝せず直立する。葉は多く根生し、アヤメの葉
より広く、幅一~三センチメートル、長さ三〇~九〇センチメートルの剣状で、中肋はなく先はとがり基部はさやとなって茎をはさむ。五~六月頃、茎頂の苞の間から濃紫色の花を二~三個次々に開く。外花被片基部中央の黄色部に紫色の横線がないのがアヤメと異なる。かおよぐさ。かおよばな。かきつ

はなしょうぶ花菖蒲…アヤメ科の多年草。ノハナショウブの栽培変種。観賞用に水辺・湿地に栽培され品種が多い。高さ30~60センチメートル。葉は線形、剣状でアヤメに似るが中肋が著しい。初夏、花茎の頂に大きな花をつける。六枚の花被のうち外側の三片は大形で垂れ、内側の三片はさらに大きくなることが多いが、垂れ下がることはない。花色は 紫・白・絞りなど品種によって異なる。

いちはつ一八・鷲尾…アヤメ科の多年草。中国原産で江戸時代以前から各地の庭園で観賞 用に栽培。高さ30~50センチメートル。根茎は短く黄色い。葉は幅三~四センチメートル の剣形で隆起した縦脈が多く、初夏、花茎を直立し、さや状の苞の中から二~三個の奮を順 次に開出。花は直径約10センチメートルで、濃淡の青紫色と白色の脈や斑点の模様があり、 外花被片には白いとさか状突起がある。根はすりつぶして腫物に塗り、乾かした根は緩下剤、 吐剤、まためまいなどにも薬効がある。いちはち。こやすぐさ。

アイリス(英iris)アヤメ科アヤメ属の植物。主に園芸種として栽培する同属中の種類の総称。
ドイツアヤメ、オランダアヤメ、イギリスアヤメなど。

あじさい(あぢさゐ)紫陽花
1 ユキノシタ科の落葉低木。ガクアジサイを母種とする園芸品。茎は高さ一・五メートルぐらいで根元から束生する。葉は対生し大形の卵形か広楕円 形で先がとがり、縁に鋸歯をもつ。夏、球状の花序をつけ、ここに花弁状のがく片を四または 五枚もつ小さな花が集まり咲く。がく片は淡青紫色だが、土質や開花後の日数等により青が 濃くなったり、赤が強くなったりする。茎は材が堅く、木釘、楊枝をつくり、花は解熱剤、葉 は鷹(おこり)に特効があるという。しちだんか。てまりばな。
2 ユキノシタ科アジサイ属の総称。ガクアジサイ、ヤマアジサイ、ハマアジサイ、タマアジサイ、コアジサイ、ツルアジサイなどを含む
3 七変化、手毬花とも言う白、薄緑、青、紫、薄紅色の順