<古称>
文月 七夕月 蘭月 凉月 文披月(ふみひろつ)女郎花月 愛逢月 桐月 相月 秋初月

<野菜>
夏大根 馬鈴薯
玉葱 新牛芳 新蓮根 新丸十 石川芋 茄子(丸茄子・加茂茄子) トマト(小金瓜・審茄。あかなす) 胡瓜 冬瓜 南瓜 白瓜 オクラ(陸蓮根) ピーマン キャベツ(かんらん) グリーンアスパラ 枝豆 莢隠元 紫蘇 青唐辛子 実山椒 西瓜 メロン オレンジ 山桃 葡萄 水蜜桃 青林檎 夏蜜柑


<魚鳥>
車海老 黑鯛 疣網 鱸
伊佐木 ハマチ カマス 鯵 縞鯵 かんぱち
女鯒 赤魚 虎魚
笠子
石首魚
羽太 太刀魚 高部 石鰈 目板麟
穴子
青利烏賊 蝦蛄 鮑(青貝) 床節 岩牡蠣(能登牡蠣)
山女 岩魚 虹鱒 鰍 ごり・よしのぼり 泥鰌
手長海老 況蟹, 土用蜆


<菓子>
天の川 竹流し
星の影 白系 夏木立 水室 布袋餅 稚現餅 水牡丹 そぞれ羹 葛饅頭 浜土產
水羊羹 滝煎餅 系卷 水餅 青楓
落雁 觀世水

<茶花>
桔梗 三白草 金糸梅 昼顔 夏菊 羽衣草 巴草 浜撫子 千鳥草 ねむ
水引草 秋海棠(しゅうかいどう 鬼百合 虎の尾 雁皮(がんぴ) 御簾の内 唐糸草 鹿の子草 吾木草(われもくそう)
夕顔 夏萩 蓮 睡蓮 仙鈴花(せんのうけ) 夏はぜ 沢潟 糸簿 水草



<一般季語>
海開き 山開き 川開き 富士詣 半夏生 集中豪雨
梅雨明け 熱雷 旱魃 夕凪 山背風 タ立
蟬時雨 小暑 大暑 極暑 セタ 天の川 銀河
星祭 乞巧奠(きぎょうてん) お盆 お中元 暑中見舞い 土用波 土用干し 土用の丑の日 海水浴 灯籠流し 迎え火 送り火 盆踊り 夏休み 林間 臨海学校 水着 日傘 団扇 扇風機 冷房 打ち水 納涼 蚊遺火 夕涼み

<歳時記>

小暑、土用、大暑と続く 

たなばた(棚機・織女・七夕)
1はたを織ること。また、その織機や織る人もいう。その人が女であるところから、たなばたつめ(棚機津女)
2 陰暦七月七日に織女星と、牽牛(けんぎゅう)星をまつること。また、その行事や、織女、牽牛の両星。この夜、天の川の両岸に現れる牽牛星と織女星が、鵲(かささぎ)の翼を延べて橋 とし、織女が橋を渡って相会うという中国の伝説が広く行われたもの。また、五節供の一つと して、同夜、庭前の葉竹に五色の短冊などを飾りつけ、供えものをし、子女が裁縫や書道など 技芸の上達を願う祭。もと宮中の節会(せちえ)として行われていた中国の乞巧奠(きっこう でん)の行事と、棚機津女(たなばたつめ)を祭ることが結びついたもの。七夕祭。星祭。七日 盆
3 きわめてまれに訪れて来ること。また、その人。 雑俳・孔雀丸「君七夕とうらみ遊君」
補注「たな」は水の上にかけ出した棚の意で、遠来のまれびと神を迎えるため、棚作りして 処女が機を織りながら待つ儀礼だったのが
後に外来の七夕の星神の信仰と結びついたという。他に「たな」を「種(たな)」「手(た)な」とする説などもある。

特に、織女星をいう。たなばたつめ。

七夕の七姫(ななひめ) 織女の七つの異称である秋去姫(あきさりひめ)・朝顔姫(あさがおひめ)・薫姫(たきものひめ)・糸織姫(いとおりひめ)・蜘蛛姫(ささがにひめ)・梶葉姫(かじのは ひめ)・百子姫(ももこひめ)の称。一説に、朝顔姫・梶葉姫・秋天姫(あきそらひめ)・琴寄姫(こ とよりひめ)・灯姫(ともしびひめ)・糸織姫・蜘蛛姫ともいう。

たなばた-うま【七夕馬】東日本の一部で、七夕の行事に藁(わら)でつくる馬。
たなばた - おくり【七夕送】七夕の飾り竹を川や海に流すこと。
たなばた-おどり(をどり)【七夕踊】 = こまちおどり(小町踊) 
たなばた-づき【七夕月】(七夕祭の月にあたるところから)陰暦七月の異称。 たなばた-つ-め棚機津女・織女(中世は「たなばたづめ」とも。「つ」は「の」の意の格助詞。 「たなぱたの女」の意)機(はた)を織る婦人。特に、牽牛(ひこぼし)に対応する星で琴座の主 星織女をいう。はたおりひめ。おりひめ。
 たなばたまつり【七夕祭】七月七日の七夕に、棚機津女(たなばたつめ)をまつる行事。乞巧 (きっこうでん)。たなばた。
うらぼん【盂蘭盆)
(梵ullambana「倒懸」の音訳)陰暦七月一五日を中心に行なわれる仏事。祖先の霊を自宅に 迎え供物をそなえ、経をあげる。現在では、一三日夜に迎え火をたいて霊を迎えいれ、一六 日夜に送り火で霊を送る。もともと「盂蘭盆経」の記事に基づくもの。推古天皇一四年に行な われ、聖武天皇天平五年からは宮中恒例の仏事となった。一方、民間の盆行事は仏教要素以 外のものも多く、正月に対応する祖霊祭の要素が強い。蘭盆祭。
盂蘭盆会。魂祭(たままつり)。精霊会。歓喜会。盂蘭盆供。盂蘭盆供会。おぼん。ぽん。
蘭盆会=うらぼん(盂蘭盆)
うらぼん-きょう(蘭盆経)西晋の僧法護(じくほうご)訳の経典と伝える。
うらぼん-さい蘭盆斎盂蘭盆に食事の供養をすること。転じて、祖先の霊に食物を供える風習。品盆斎