<古称>
葉月 月見月 観月 萩月 桂月 秋風月 木染月 紅染月 雁来月 燕去月
唐土月(もろこしつき) 草津月

<野菜>
夏大根 馬鈴薯
玉葱 新牛蒡 百合根 胡瓜 茨隠元 冬瓜 茄子(丸茄子・加茂茄子) トマト(小金瓜・審茄。あかなす)
 オクラ(陸蓮根) 南瓜 枝豆
芋茎
薩摩芋 唐蜀黍 蚕豆 千石豆 お多福豆 青唐辛子 ピーマン グリーンアスパラ 新生姜 茗荷竹 大葉紫蘇 実山椒 白瓜 夕顔
辣韮 蔓菜(つるな) 新キャベツ レタス カリフラワー 新銀杏 西瓜 メロン 桃 葡萄 夏蜜柑 オレンジ 枇杷 無花果


<魚鳥>
 車海老 芝海老
黑鯛 疣鯛
石鯛
小鯛 メジナ 眼張
稿鯵
虎魚
伊佐木 舌平目 魳 笠子
梶木鮪 皮剥 赤兔 ハマチ シイラ 赤えい 石持 石鰈 真鰈
青利烏賊 墨烏賊
穴子
菱蟹 蝦姑 雲丹
床節 ほや
泥鰌 川鱒
虹鱒
岩魚
山女
鰍 手長海老

<菓子>
岩清水
雷門 調布
白露芋 金平糖 南京羹 萩の露 雷おこし
越の雪 滝煎餅 薄水 水渦巻 水羊羹

<茶花>
秋海棠しゅうかいどう 桔梗 水葵 紅蜀葵 河骨 露草
水引草 仙人草 月見草 芙蓉 況渴 山落時鳥草 系芒 編芒 小山龍胆 おおけたで かものはし 浜 浜地鳥 ふしぐろ仙翁 小雁皮 ぎぼうし 女郎花 男朗花 鴨花 葉鵝頭 釣船草 尾花 刘萱 寒管 数珠玉


<一般季語>
八朔 立秋 不知火 天の川 流星 土用波 処暑 酷暑 残暑 納涼 避暑 炎天下 夏の月 雲海 早冷 短夜 晩夏 花火 花火大会 夏祭り ねぶた祭り 竿灯 七夕祭り 花笠踊り 盆踊り 阿波踊り 群上踊り 提灯踊り 大文字焼き 火祭 水神祭り キャンプ 放生会 旧盆 迎え火 送り火 帰省 原爆記念日 終戦記念日 ひぐらし 干剥く 虫簿(むしかがり) 誘蛾灯 虫送り 西瓜割り 線香花火 水中花 秋めく 新治

<歳時記>
「祭」...夏祭が俳句の季語
(ーする)神仏をまつること。神仏・祖霊等に奉仕して慰撫・鎮魂したり感謝祈願するため の儀式。祭儀。祭祀。祭礼。 
 特に、京都、賀茂神社の祭り。
ごりょう-え(御霊会)
1昔、死者の怨霊のたたりを恐れ、これをなだめるために行った祭。祇園会はその一つ。 2 陰暦六月一四日、京都の八坂神社で行われた、疫病・災厄をはらうことをつかさどる祇園の 神(素戔嗚尊)をまつる斎会(さいえ)。祇園御霊会。祇園祭。祇園会。