<古称>
霜月 食物月 凋む月 末つ月 神楽月 子月

<野菜>
 青味大根
牛蒡
オリーヴ 柿 林檎 蜜柑 花梨
ラ・フランス マルメロ(榲桲)
 バンジロー 干柿
堀川牛蒡 京葱 芽葱 南瓜 百合根 京人参 聖護院燕 聖護院大根 慈姑 里羊 海老羊 八つ頭 丸十 芋茎 大和芋 長芋 捏芋
蓮根
冬瓜
秋茄子 白菜 菠稜草 蔓菜 新菊菜 芥子菜 壬生菜
鶯菜
小松菜 小燕菜 高菜 菊花
キャベツ 椎茸 香茸 湿地 皮茸 岩茸 初茸 松茸 舞茸 滑茸 銀杏 落花生 零余子
つくばね 草石蚕
黄柚子 酢茎(すぐき)
胡桃 通草

<鳥魚>
伊勢海老 車海老 甘海老 芝海老 甘鯛
若狭ぐじ 鯛 小鯛 疣網 かます 虎魚
このしろ 秋鯖 いなだ
秋刀魚
平目
赤魚
牡蠕 河豚 墨烏賊 紋甲烏賊 飯銷 ずわい蟹 毛蟹 菱蟹 花咲蟹 蛸の子 鮭
ほっけ 眼拔 姬鱒
戻り鰹 天魚 公魚 落ち鮎 落ち耐 下り體 下り穴子 下り鰻 床節
うるか
鴨 つむぎ 鶉 鼈


<菓子>
 紅葉餅 菊水餅 織部饅頭 龍田綜 龍田餅 木枯 河原菊 菊花餅 小倉山
庵の友 銀杏餅 初霜 村雨 嵯峨野 亥の子餅 吹き寄せ 如心松葉 菊寿糖 薄水 山川 錦台 時雨雨松 柚餅 菊



<茶花>
高大寺菊
秋菊 寒菊
はしばみ 白玉棒 寒格
冬牡丹 谷桑 臘梅
醉芙蓉 八朔梅 はんの木 秋万作 千 万 つるもどき 振袖柳 山茶花 ななかまど つわぶき 椿

<一般季語>
ロ切 炉開き 西の市 西の町 亥の子 七五三 熊手 千歲 十日夜(とおかんや) 行く秋 秋深し 秋惜しむ 木枯らし 初時雨 時雨移り 時雨色 極雨 枯れ木 枯草 枯葉 落ち葉 焚火 落葉焚き 寒確 立冬 息白し 小雪 晩秋 暮秋 秋霧 初霜
朝寒
夜寒
小春
小春日和 冬晴れ 冬日 そぞろ寒 身に凍む 蘆刈(あしかり) 効田 落穂拾い 枯野 冬枯れ
団栗 胡桃 こう塚 錦木
山茶花 冬紅葉
柊の花 八手の花 石蕗の花 枇杷の花
鹿
みみずく(木菟)
冬篭り 冬眠 冬ざれ 冬崩れ 干菜 山眠る 炭火 狩り(


<歳時記>
七五三の祝い男子は数え年の三歳と五歳(袴着せ)、女子は三歳と七歳(帯結び)の一 二月一五日に行う、子どもの成長を祝う祝儀。着飾って氏神などに参拝する。
江戸時代徳川綱吉の子徳松の祝い?
きしゅく-にち【鬼宿日)(インドの星占いから起こった 語。陰暦で鬼(き)に当たり、その星が守護するという日。嫁取りのほかは、万事に大吉とされ る。正月二日、二月九日、三月七日、四月五日、五月三日、六月一日、七月二五日、八月二 二日、九月二〇日、十月一八日、十一月一五日、一二月一三日に当たる。)にあたる? 霜月の収穫祭(氏神信仰)に因む? 七五三の=膳(ぜん)[=献立(こんだて】七五三の数にちなんで、本膳に七菜、二の膳に五菜、
三の膳に三菜を出す祝儀の馳走。また、七つ、五つ、三つの膳部を馳走すること。
とりのいち【酉の市)
毎年一一月の酉の日に行われる鷲(おおとり)大島神社の祭礼。現在では、台東区千束の鷲 神社のものが名高いが、他の社寺でも境内に鷲神社を勧請し、この祭を行う所が多い。この日、 参道には熊手や縁起物を売る店が立ちならぶ。商売繁盛と客商売の開運の神。1月最初 の酉の日を、「一の酉」と呼び、以下「二の西」「三の酉」という。古くは「とりのまち」。おとりさ ま。《季・冬》三の酉まである年は活気があり過ぎて火事が多いと伝えられる。元々は武士が 武運長久を祈る。 へ酉の市の売(う)れ残(のこ)り 醜い女をいう語。酉の市で売る熊手についているお多福の売れ
残りの面のようなできの悪い顔の意からとも、酉の市の夜は、吉原遊郭が繁昌するのに、そうい う日にさえ客のつかない醜い顔の意からともいう。西の町の売れ残り。
いのこ・み【亥の子・猪の子】
陰暦-10月の亥の日。この日の亥の刻に新穀でついた餅を食べて祝う。宮廷行事として平 安初期から行なわれ、後世、民間では収穫祭の日として、新穀の餅をついて食べる。万病をは らうためとも、猪(いのしし)の多産にあやかった子孫繁栄のまじないともいう。近世、この日 から炉、こたつを開き、火ばちを出す習慣がある。
2「いのこもち(亥子餅)」の略
亥の子の荒(あ)れ 亥の子1の前後に多い、荒れ模様の天気。
 いのこもち亥の子餅 陰暦-0月の亥の日に食べる餅。げんちょう。おなりきり。おまいりきり。玄猪(げんちょ)。能 勢餅。
とおかんや(とをかん:)(十日夜) 10月10日の夜。また、その日に行われる関東や中部地方の風習。収穫を祝って、または、そ の日に山に帰る田の神を送るために餅を供えてまつる。
てんちょう-せつ(テンチャウ・)【天長節)天皇誕生日の昭和10年以前の呼び方。奈良時代、 光仁天皇の宝亀六年九月の詔勅によって行われ、明治元年に再興された。四大節の一つ。
めいじせつ (明治節) 明治天皇の誕生日にあたる十一月三日の祝祭日。同天皇の遺徳を仰ぎ、明治の代を追憶する 趣旨で、昭和二年に制定。四方拝・紀元節・天長節とともに四大節の一つに数えられたが、第二次世界大戦後の同二三年廃止。