<古称>
師走 極月 除月 臘月 春待月 梅初月 茶月 親子月 三冬月

<野菜>
冬大根 青味大根 牛蒡 山牛蒡 堀川牛蒡 人参 京人参
京葱 分葱
慈姑
姬慈姑 百合根 白菜
キャベツ 鶯菜 菠薐草 嫁菜 芥子菜
菊菜
小松菜 水菜
壬生菜 カリフラワー 芽甘草 小燕 聖護院蕪 蕪類 海老芋 八つ頭
捏芋 長芋 大和芋 連根 椎茸 黑川茸 滑茸 草石蚕 萵苣臺 ちこり 黄柚子 橙 蜜柑類 仏手柑(ぶしゅかん) 金柑 凸柑 ネーブル 冬莓 林檎


<鳥魚>
伊勢海老 車海老 甘海老
甘鯛
若狭ぐじ 鮟鱇
鰤 伊佐木 梶木
鮪類
マナガツオ
銀鱈 沖鱸
虎魚 河豚 平目 皮剥 石鰈 鮮類 糸縒
鯊 鯔  このしろ 白魚 墨烏賊 ひめじ ずわい蟹 毛蟹 烏賊類 牡蠣
海鼠
むつ 眼拔 梅貝 北寄貝 赤貝 貝柱
床節 雲丹 このわた からすみ 新海苔
河鹿 諸子 公魚 天子
真鴨 鶉 つむぎ 雉 猪


<菓子>
雪餅 寒牡丹 大石餅 木枯, 磯千鳥 そば饅頭 寒紅梅 冬籠 蒸饅頭 寒菊 水面鏡
室の梅 納豆餅
月寒
三笠の雪 雪輪
越の雪 薄水 笹鮨 雪花糖 千鳥煎餅


<歳時記>
年の市(いち)年末に新年に用いる品などを売る市。大宮氷川神社が関東一江戸時代は浅草の年の市が最大
まつむかえ・むかへ松迎 正月に飾る松を山野から採ってくること。
かどまつ【門松】
新年を祝って家の門口などにたてる松。中世以降、竹をいっしょに飾ることが多い。松飾り門 の松。《季・新年》間際の一夜飾りは今では縁起が悪いので敬遠する。 門松は冥途(めいど)の旅の一里塚(「めでたくもありめでたくもなし」とつづく一休の歌から)
正月の門松は、飾るたびに一つずつ年をとるので、死への道の一里塚のようなものだの意。 
しょうがつ-ことはじめ正月事始
正月を迎える準備をはじめる日。一二月十三日のこと。二月八日とする地方もある。正月始め。
とうじカボチャ【冬至南瓜)
冬至の日に食べるカボチャ。この日にカボチャを食べると中風にならないとされる。《季・冬》
としこし【年越) 旧年を越して新年に移りかわること。また、そのかわりめの夜。大晦日の夜または節分の夜 をいう。《季・冬》 年越しの祓(はらえ)|三月の晦日に宮中で行われる破。大祓(おおはらえ)。《季 冬》
としこし-そぱ【年越蕎麦)細く、長くあれと祝って大晦日の夜または節分の夜に食べるそば。 《季・冬》
としこし-まいり(:まあり)【年越参)節分の夜、翌年の歳徳(としとく)の方角にあたる社寺 に参詣すること。《季・冬》
としこし・もうで(:まうで)【年越詣)=としこしまいり(年越参)。
かわびたり【川浸】
水神祭の一つ。陰暦一二月一日に、水難を避け、豊漁を祈って行なう祭。川浸りの前日(ついたち)とも