とうとう来たかという典型的な五十肩(医師は気を使ってか四十肩と言ってた)肩関節周囲炎のその後ですが、何が功を奏したか分からないまま左肩はほぼ完治しました。やたら早いようです
心身調整法研究会が効いたのかボルタレンゲルが効いたのかロキソニンが効いたのかはたまたハリボーイなのか。どれも無茶苦茶効きましたが根本的な解決には至りません。ですがあるとよく寝れるってことは間違いないです
line_1540289570201
IMG_20181024_083901


  1. フリージング期(筋痙縮期)
  2. フローズン期(筋拘縮期)
  3. ソーイング期(回復期)
と経過あるようですが初期症状の時に偶然テニス肘にもなってたので、ついでに診てもらった肩の違和感あったのが七月、両肩の激痛感じたのが十月二十日、十一月一日には左肩はちょっと違和感残るもののグリグリ回したり無理やり左肩だけでぶら下がっても痛くないし可動域も元通り

ですが、右肩は相変わらず寝返りで目が覚めたり疼痛(トウツウ)があります。本日再診したところレントゲンでは石灰化も見られないので(石灰化だとどうなのかは分からない)痛いと思っても動かすこととアドバイス受けました。肩痛ガイドブックのようなもの渡されまして溶体時期に合わせたストレッチングをするようにと
とにかく右肩周辺の筋肉がかたまりつつあるので痛かろうが何だろうが今しっかりやらないと駄目になるらしいです

実はまだ若い頃にやってたスポーツの関係で月イチでタイマッサージをミッチリやってもらってたのですが、施術師もプロですので(日本語通じませんが)グイッと思っきしと言っても顔や筋肉の微妙な変化で痛み我慢してるのが分かるらしく無理しないのですね
そんなに施術代が高いわけでもないのですけど気持ちいいだけで終わってしまうので負荷かけるストレッチは自分でやろうかなと思いました

気をつけたのは肩は冷やさない、湯船に浸かるとかですが、いつまでも若いつもりでいたのでタンクトップ愛用してたのを泣く泣くTシャツにしたことがよかったようです。大量のタンクトップどうしよう・・・
肩の違和感、重いとか凝ってるとか感じるとすぐマッサージ行く方もいらっしゃいますがまず湯船浸かってカイロとかで冷やさないようにして様子見てからのほうがよろしいかと思います。マッサージ行って気持ちよかったという方は多いですが治ったという方は見たことありません。あくまで満足感だと思います

激痛の方は先に病院に行かれることをススメますね。年齢がいくつであろうと。肩凝りかなぁ~五十肩かなぁ~と自分で考えてwebで対処法や痛み止め調べて実際使ってみると楽にはなりますが根本的な解決法にはなりません。寧ろその症状だったら検診代と処方箋と比較して市販薬のほうが高くなる可能性もあります。
それ以上に怖いのは別の病気怪我から引き起こされてる可能性もあるってことです。モヤモヤ抱えて生活するよりも最初に行ってしまうのが何より安心だしコストダウンと大病の早期発見にもなるかもしれません。マッサージよりは安いですよw五十肩だったら

料理歳時記のほうが順調にUPされてるようで役に立つかは分かりませんが少なくとも自分の役には立ってますwではまた