1. ビザ2. 住居ときましたノマドシリーズ、今回は3.インターネット環境です

IMG_9318

1. ビザ

2. 住居

3. インターネット環境

4. 生活費

5. 言語
6.健康

7. その他
<PR>


https://wise.com/invite/ihpc/takeshis272
カード作るならAmerican Expressこちらから作成お願いいたします




今回もGeminiの力借りましてまとめます
渡航経験ある国に関してツッコミ個人的な経験も付け加えていきますね

先に書きますが今やどこの国でもwi-fi一般的じゃね⁉️と思ってますよね
そうです、wi-fi拾うならそんなに苦労はないです
カフェで回線拾うならレシートに書いている場合がほとんどなので、握り潰さないようにね

そのうち書きますが東南アジアで生活するに電話回線は必須です(例:デリバリーサービス、タクシー、ホテル・アパート契約、トラブル時の領事館連絡などなど)

現地でsim買うにあたってパスポート必要です。ネットでe-simを買う場合もです
それではGeminiから引用


ノマドワークのための東南アジア台湾インターネット回線事情:快適なワーク環境を実現するヒント

1. はじめに

近年、ノマドワークが注目を集め、東南アジアや台湾などの地域は、温暖な気候、物価の安さ、充実したインフラなどが魅力となり、多くのノマドワーカーにとって人気の移住先となっています。しかし、快適なノマドワークを実現するためには、安定したインターネット環境は必須です。

本記事では、東南アジア・台湾でノマドワークをする際に役立つ、回線事情について詳しく解説します。

2. 各国の回線事情

東南アジア・台湾における回線事情は、国によって大きく異なります。以下、代表的な国の状況を紹介します。

タイ:私はAISでした

  • 比較的安価で高速なインターネット環境が整備されている。
  • 主要都市では、光回線や4G/5G回線が利用可能。
  • AIS、True、DTACなどの通信会社がサービスを提供している。
  • プリペイドSIMカードを購入すれば、手軽に利用できる。

ベトナム:私は安価なVietnamobileしかしながら電話回線は繋がらないところ多い

  • 近年、インターネット利用者が急増しており、回線速度も向上している。
  • Viettel、MobiFone、Vinaphoneなどの通信会社がサービスを提供している。
  • プリペイドSIMカードが一般的で、料金プランも豊富。
  • 都市部では、光回線も利用可能。

台湾:一番ストレス感じなかった国、中華電信だけ使いました

  • 高速かつ安定したインターネット環境が世界でもトップレベルで整備されている。
  • 中華電信、台湾大哥大、遠傳電信などの通信会社がサービスを提供している。
  • 比較的料金は高めだが、品質も高い。
  • 光回線や4G/5G回線が普及している。最高です

3. ノマドワークにおすすめの回線

ノマドワークにおすすめの回線は、滞在期間、利用地域、データ通信量、予算などの条件によって異なります。

短期滞在の場合:

  • プリペイドSIMカードがおすすめです。
  • 各国で様々な通信会社がプリペイドSIMカードを提供しており、手軽に購入できます。
  • 短期滞在の場合は、日数やデータ通信量に応じてプランを選択できます。

長期滞在の場合:

  • 現地の通信会社と契約し、長期プランを利用するのがおすすめです。
  • 長期プランは、月額料金が安くなることが多いです。
  • 光回線やモバイルルーターなどを利用すれば、より快適なインターネット環境を構築できます。

4. 快適なノマドワークを実現するためのヒント

  • 複数の回線を用意する: 万が一、1つの回線が不通になった場合に備えて、複数の回線を用意しておくと安心です。
  • カフェやコワーキングスペースを活用する: 多くのカフェやコワーキングスペースでは、Wi-Fiを提供しています。レシートに書いてる場合が殆どです
  • VPNを利用する: セキュリティ対策として、VPNを利用することをおすすめします。ま、書くまでもないですがおっそいです
  • 現地の情報収集: 渡航前に、現地の回線事情について情報収集しておきましょう。日本国内いるならAmazonとかで渡航先sim買っておく、現地着いたら挿しこみ3日とか使う、その後キャリアアプリで(慣れてるならコンビニで現金)トップアップ(クレカ・デビット課金)してプランを選んで使用。使用期限とか使用容量書いてますが基本課金すれば使い続けられます。経験上これが一番初期投資少ない。問題点は使用者の名前がどこの誰か知らない人ってことです

5. おすすめの通信会社・サービス

以下、東南アジア・台湾でノマドワークにおすすめの通信会社・サービスを紹介します。

タイ:

  • AIS: タイ最大の通信会社。高速かつ安定したインターネット環境を提供している。レストランとかでポイント使うことが多かった😀
  • True: タイで2番目に大きい通信会社。AISと同様に、高速かつ安定したインターネット環境を提供している。
  • DTAC: タイで3番目に大きい通信会社。低価格なプランが豊富。

ベトナム:

  • Viettel: ベトナム最大の通信会社。高速かつ安定したインターネット環境を提供している。おすすめ
  • MobiFone: ベトナムで2番目に大きい通信会社。Viettelと同様に、高速かつ安定したインターネット環境を提供している。
  • Vinaphone: ベトナムで3番目に大きい通信会社。低価格なプランが豊富。

台湾:

  • 中華電信: 台湾最大の通信会社。高速かつ安定したインターネット環境を提供している。無難
  • 台湾大哥大: 台湾で2番目に大きい通信会社。中華電信と同様に、高速かつ安定したインターネット環境を提供している。
  • 遠傳電信: 台湾で3番目に大きい通信会社。低価格なプランが豊富。

6. その他

  • モバイルルーター: 現地の通信会社からモバイルルーターをレンタルすることもできます。結局は携帯電話回線なので日本でルーター買って現地データsim挿し込んでも一緒。3人同時に回線使う場合は安上がりかも⁉️
  • ポケットWi-Fi: 日本の通信会社からポケットWi-Fiをレンタルすることもできます。高い
  • スターリンク: イーロン・マスク氏が率いるSpaceXが提供する衛星インターネットサービス。これから期待ですね

7. 注意事項

  • 各国の通信会社やサービスの料金プランやサービス内容は変更される場合があります。
  • 渡航前に、最新情報を確認することをおすすめします。
  • 海外でインターネット回線を利用する場合は、ローミング料金が発生する場合があります

8.ノマドワークでの経験談:日本回線の重要性とpovo2.0海外ローミングの活用

東南アジア・台湾でノマドワークをする際、日本の携帯電話回線を残しておくべきかどうかは、個人の状況やニーズによって異なります。本記事では、実際に東南アジアでノマドワークをした筆者の経験談をもとに、日本回線のメリットとデメリット、povo2.0海外ローミングの活用方法について解説します。少なくともpovo2.0の信者でもなんでもないです

日本回線を残しておくべき理由

  • 銀行口座、証券口座、暗号資産取引口座などのSMS認証: 海外では、日本の金融機関やサービスを利用する際に、SMS認証が必要となる場合があります。日本回線を残しておけば、これらの認証をスムーズに行うことができます。
  • スマホ紛失時の連絡手段: 万が一スマホを紛失した場合、日本回線があれば、家族や友人と連絡を取ることができます。また、キャリアによっては、海外での盗難・紛失サポートを提供している場合もあります。
  • 緊急時の連絡: 海外で病気や怪我などの緊急事態が発生した場合、日本回線があれば、日本の大使館や領事館に連絡することができます。

日本回線を残しておく際の注意点

  • 海外ローミング料金: 海外で日本回線を利用する場合は、海外ローミング料金が発生します。料金プランによっては、高額な料金となる場合もありますので、事前に確認しておくことが重要です。
  • SIMカードの有効期限: プリペイドSIMカードの場合は、有効期限が切れてしまうと利用できなくなります。長期滞在の場合は、定期的にチャージする必要があります。

povo2.0海外ローミングの活用方法

povo2.0は、海外ローミング料金が比較的安価な格安SIMカードです。以下の方法で、海外ローミングを利用することができます。

  • 海外ローミングパスポート: 24時間あたり220円で利用できる海外ローミングパスポートを購入することができます。
  • トッピング: データ通信量や音声通話時間などのトッピングを購入することができます。
  • アプリ: povo2.0アプリで、海外ローミングのオン/オフを切り替えることができます。

povo2.0海外ローミングのメリット

  • 安価な料金: 海外ローミング料金が比較的安価です。
  • 柔軟な利用: 海外ローミングパスポート、トッピング、アプリなど、利用状況に合わせてプランを選択することができます。
  • 使いやすい: povo2.0アプリで、海外ローミングを簡単にオン/オフすることができます。

povo2.0海外ローミングのデメリット

  • データ通信速度: 海外ローミングパスポートの場合は、データ通信速度が制限されます。
  • 音声通話: 音声通話料金は高額です。

まとめ

東南アジア・台湾でノマドワークをする際、日本回線を残しておくべきかどうかは、個人の状況やニーズによって異なります。povo2.0海外ローミングは、安価な料金で海外ローミングを利用できる便利なサービスです。日本回線を残しておく場合は、海外ローミング設定をしておきましょう。

その他

  • 海外旅行保険に加入しておくと、スマホ紛失や盗難などのトラブルが発生した場合に備えることができます。
  • 海外で利用する際は、日本のキャリアに海外利用設定をしておく必要があります。
  • 現地の通信会社でSIMカードを購入することもできます。
  • 筆者は長くドコモ回線でした。しかしながら海外出るならお勧めは・・・

本記事が、東南アジア・台湾でのノマドワークを検討している方にとって、参考になれば幸いです。