英語デスヨネ
ヲワタ

ノマドとは?

ノマド(nomad)は、英語で「遊牧民」を意味する言葉です。近年、IT機器を駆使してオフィスだけでなく様々な場所で仕事をする新しいワークスタイルを指す言葉として定着しました(引用:Gemini)

Screenshot 2024-06-28 at 18.18.44


まず先におすすめしたいサイトを勝手ながらご紹介いたしたいと思います



ノマドにおすすめのアジアの都市 10選


シリーズなってます、こちらも参考にしてください

1. ビザ

2. 住居

3. インターネット環境

4. 生活費

5. 言語
6.健康

7. その他

<PR>カード作るならAmerican Expressこちらから作成お願いいたします

難しいことではあります、各個人とその方が置かれている環境が影響しますから


一先ずGeminiに

ノマドワークにおける言語の重要性は、あなたの働き方や目標によって大きく異なります。

1. 英語のみで十分な場合

以下のいずれかに該当する場合は、英語のみでノマドワークすることは可能です。

  • 英語圏でのみ活動する
  • リモートワークで、英語でのコミュニケーションがメイン
  • プログラミングなど、言語に依存しない仕事

2. 現地語が必要な場合

以下のいずれかに該当する場合は、現地の言語をある程度習得する必要があります。

  • 英語圏以外で活動する
  • クライアントや顧客との直接的なやり取りがある
  • 地域に根差した仕事

3. 英語と現地の言葉を両方習得すると有利な場合

以下のいずれかに該当する場合は、英語と現地の言葉を両方習得することで、より多くの仕事や機会にアクセスできるようになります。

  • グローバルに活躍したい
  • 複数の拠点で活動したい
  • 現地の文化や人々と深く交流したい

4. おすすめの言語学習方法

ノマドワークに必要な言語を学習するには、以下の方法があります。

  • オンライン英会話
  • 語学学校
  • アプリ
  • 独学

自分に合った方法を見つけて、継続的に学習することが重要です。

5. まとめ

ノマドワークにおける言語の重要性は、一概には言えません。自分の働き方や目標に合わせて、必要な言語を学習することが大切です

以下は、言語学習に関する参考情報です。

ノマドワークを成功させるためには、言語以外にも、時間管理自己管理情報収集などのスキルも重要です。これらのスキルを磨きながら、自分に合った働き方を見つけていきましょう。
引用:Gemini

経験上の話
covit-19が世界中を席巻している間、東南アジア各国は教育、特に英語教育に力注いでいたようです
現在タイ・ベトナム都市部の20歳前後の若者は殆ど英語通じる印象あります
年配者はほぼ通じません
台湾は昔から全員英語話せるようです。3ヶ国語は珍しくないですね。私の友人も60歳近いですが5ヶ国語話せますし
それでも各国の学生全員同じ教育レベルを受けている訳ではありません

やはりそこは貧富の差が大きくのし掛かっている印象否めません、残念なところではあります
学校が当たり前な日本は感謝するべきです、全員同じレベルの教育を受けれ、望めばもっと高みに誰でも門戸は開かれている
その芽を潰す存在は許し難いですけどね、教育者の不祥事、一生借金を負わせるシステム、イジメ

何にせよ学ぶことに関してスタートは平等だと思ってます。中学高校アルバイトしながら現役で東大に合格した人も実際いますし、言い訳はできない

今では貧富の差があろうとスマートホンがないと生活できないのが今の世、東南アジアはこれから変化していくと感じてます

個人的には英語は必須ついで数の数え方を覚えるそして求愛覚えれば確実
英語は高校までの英語で平気平気、大丈夫

<PR>