前々から気になっていたヴィーガンについてまとめてみます

  1. ヴィーガンとは
  2. ユダヤ教の食生活
  3. イスラム教の食生活
  4. キリスト教の食生活
  5. ヒンズー教の食生活
  6. 仏教の食生活
  7. ベジタリアンの食生活
  8. ヴィーガンの食生活
  9. ヴィーガン、ベジタリアン、精進料理の各まとめ
この順番で記事にします
引用はGeminiを使用してます

batch_IMG_1282
batch_IMG_0923
写真:fam fam


週一で食べに行ってたヴィーガン料理店、ベジタブルカレーとジンジャーオレンジジュース
味も雰囲気もすごくいい、おすすめです
カード作るならAmerican Expressこちらから作成お願いいたします

ヴィーガンとは

ヴィーガン(vegan)は、動物搾取を避けるライフスタイルを送る人たちを指します。具体的には、以下の点において動物由来のものを一切摂取しません。

  • 食生活: 肉、魚、卵、乳製品、はちみつなど
  • 衣服: ウール、毛皮、皮革など
  • その他: 動物実験で作られた化粧品、羽毛を使った寝具など

ヴィーガンになる理由は様々ですが、主に以下の3点が挙げられます。

  • 動物倫理: 動物は人間と同じように苦しみを感じる存在であり、搾取されるべきではないという考えに基づいています。
  • 環境保護: 畜産業は環境負荷が大きい産業であり、地球環境保全のためにヴィーガンを選択する人が増えています。
  • 健康: 植物性食品を中心とした食生活は、健康に良いというエビデンスが近年多く報告されています。

ヴィーガンは単なる食生活ではなく、動物倫理、環境保護、健康などを意識した包括的なライフスタイルと言えます。近年、ヴィーガンは世界中で急速に広まっており、日本でもヴィーガン向けの食品やレストランが増えています。

ヴィーガンとベジタリアンの違い

ヴィーガンとベジタリアンは混同されがちですが、厳密には以下の点が異なります。

項目ヴィーガンベジタリアン
動物性食品の摂取一切摂取しない種類によって異なる(卵や乳製品を摂取するベジタリアンもいる)
衣服動物由来のものを避ける種類によって異なる(ウールや皮革を着用するベジタリアンもいる)
その他動物実験で作られた製品などを避ける種類によって異なる


ベジタリアンは、菜食主義者という総称であり、ヴィーガンはその中でも最も制限が厳しい種類と言えます。

誰でも理解できるサイトがありますので是非参考になさってください

ヴィーガンのメリット

ヴィーガンになることで得られるメリットは、主に以下の3点が挙げられます。

  • 動物福祉の向上: 動物搾取をなくすことで、動物たちの苦痛を減らすことができます。
  • 環境保護: 畜産業による環境負荷を減らすことができます。
  • 健康: 植物性食品を中心とした食生活は、生活習慣病のリスクを降低するなどの健康効果が期待できます。

ヴィーガンのデメリット

ヴィーガンになることで、以下のようなデメリットも考えられます。

  • 食生活の制限: 動物性食品を一切摂取しないため、食生活の選択肢が狭くなる可能性があります。
  • 栄養不足: 適切な知識がないと、タンパク質やビタミンB12などの栄養素が不足する可能性があります。
  • 周囲の理解: 周囲の人によっては、ヴィーガンへの理解が得られず、食事や生活に支障が出る可能性があります

ヴィーガンになる方法

ヴィーガンに興味がある方は、以下のステップを参考に始めてみましょう。

  1. 情報収集: ヴィーガンに関する書籍やウェブサイトなどを参考に、知識を深めましょう。
  2. 食生活の改善: 最初から完璧を目指すのではなく、少しずつ動物性食品を減らしていくことから始めましょう。
  3. 代替品の活用: 肉や乳製品などの代替となる植物性食品を積極的に活用しましょう。
  4. コミュニティへの参加: ヴィーガンのコミュニティに参加することで、情報交換や仲間との交流ができます。

ヴィーガンは、動物、環境、そして自分自身の健康を守るための有効な手段の一つです。興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ヴィーガンの総人口

ヴィーガンの総人口を正確に把握することは難しいですが、様々な調査機関による推計値があります。

  • 2022年: 情報源によって数値が異なりますが、世界中で約7800万人~3億人いると推計されています。
    • イギリスの調査会社 YouGov: 世界人口の約1%がヴィーガンと回答 (2022年)
    • アメリカの調査会社 Statista: アメリカ国内で約500万人がヴィーガンと回答 (2022年)
    • 日本の調査会社 富士経済: 日本のヴィーガン人口は約240万人と推計 (2022年)
  • 2018年: 世界中で約6億3000万人いると推計されていました。
    • イギリスの調査会社 Mintel: 世界人口の約4%がベジタリアンまたはヴィーガンと回答 (2018年)

ヴィーガン人口は近年急速に増加しており、今後も増加していくと予想されています。

ヴィーガン人口が多い国

ヴィーガン人口の割合が多い国は以下の通りです

国名ヴィーガン人口比率総人口推定ヴィーガン人口
インド約28%14億2600万人約4億
台湾約14%2350万人約330万人
ドイツ約10%8379万人約838万人
イスラエル約9%969万人約87万人
イギリス約5%6722万人約336万人
日本約4%1億2584万人約503万人

出典

補足

  • 上記のヴィーガン人口はあくまでも推定値であり、調査機関や調査方法によって異なる場合があります。
  • ヴィーガンの定義は厳密ではなく、動物性食品を一切口にしない完全菜食主義者から、卵や乳製品は摂取する菜食主義者まで、幅広い人々を指します。
  • 近年、世界各国でヴィーガン人口は増加傾向にあります。これは、動物愛護や環境保護への意識の高まり、健康志向の高まりなどが要因と考えられています。

各国のヴィーガン人口は、食文化や宗教、経済状況などの様々な要因によって大きく異なります。今後、ヴィーガン人口がどのように変化していくのか、注目されます

ベトナムでのヴィーガンの現状
私は現在ベトナムに滞在しております、中国由来の寺院も多く残されており礼拝される門徒の方々も多くおります
実生活で感んじる部分もありますので別に記そうと思いました

これから発展していくであろう人口ボーナスを抱えた国として参考までにベトナム限定でのヴィーガンの現状を見てみましょう

表で紹介した国々の中では比較的低いと言えます。

調査機関や調査方法によって異なりますが、ベトナムのヴィーガン人口比率は約2%と推定されています。これは、総人口約1億人のうち、約200万人がヴィーガンであることを意味します。

ベトナムが他の国と比べてヴィーガン人口が少ない理由としては、以下のような点が挙げられます。

  • 仏教の影響: ベトナムは仏教徒が多い国ですが、伝統的な仏教では完全菜食主義は推奨されていません。多くのベトナム仏教徒は、肉類や魚介類を食べることは問題ないと考えています。
  • 食文化: ベトナム料理は、肉類や魚介類をベースにした料理が多く、ヴィーガン向けの料理はまだまだ少ないです。
  • 経済状況: ベトナムは開発途上国であり、都市部以外では多くの人が貧困状態にあります。そのため、動物性たんぱく質を多く含む肉類や魚介類を食べる方が、栄養面で効率的だと考える人も多いです。

しかし、近年ベトナムでもヴィーガン人口は増加傾向にあります。これは、動物愛護や環境保護への意識の高まり健康志向の高まりヴィーガン向けのレストランや商品の増加などが要因と考えられています。

今後、ベトナムのヴィーガン人口がどのように変化していくのか、注目されます。

ベトナムにおけるヴィーガニズムの現状

  • ヴィーガンレストラン: ホーチミン市やハノイなどの大都市を中心に、ヴィーガンレストランの数は近年増加しています。実際とても味が良いです
  • ヴィーガン商品: ヴィーガン向けの豆腐やチーズ、ヨーグルトなどの商品も徐々に増えてきています。
  • ヴィーガンイベント: ヴィーガンに関するイベントやワークショップも開催されています。

これらの状況トナムでもヴィーガニズムは徐々に広がると言えます。スーパーは既にハラール、ヴィーガン、グルテンフリー食材は明記されています、これらはタイ王国でも同様です

今後の展望

ベトナムのヴィーガン人口は、今後さらに増加していく可能性があります。その理由は、以下の通りです。

  • 経済成長: ベトナム経済は近年急速に成長しており、国民の所得水準も向上しています。そのため、動物性食品以外の食品にもお金をかけられる人が増えています。
  • 若者の意識: ベトナムの若者は、動物愛護や環境保護に関心が高い傾向があります。そのため、ヴィーガンを選択する人も増えています。
  • 観光客: ベトナムには多くの観光客が訪れます。その中には、ヴィーガンの人も多く、ヴィーガン向けのレストランや商品に対する需要が高まっています。

ベトナム政府も、ヴィーガニズムの普及を支援しています。例えば、2020年には、ヴィーガン向けの認証制度を導入しました。
この化粧品は今人気だそうです

今後、ベトナムはヴィーガンにとってより住みやすい国になっていくと期待されます



個人的な感想
ベトナムは社会主義国家ではありますが、宗教の自由はあるように見受けられます
タイ王国のように仏暦を使い仏式の礼拝日がカレンダーに書き込まれていることはないですが、日曜日になるとまるで縁日のように人々が参拝に出かけるのを見受けられます

寺の周辺にはVeganと記されたレストランが数多く見受けられます
後に書くであろうイスラム教、ユダヤ教、精進料理、ベジタリアンを包括出来うる料理でしょうから(厳密には精進料理では五葷と言われる使えない野菜がある)

礼拝は中国式かと思われます。火のついた線香を高くもち拝む。横浜中華街の関帝廟、香港の孔子廟や台湾の龍安寺で教わった参拝を似ていました。違うのは線香は無料ってことでしょう。

供物等は自腹ですけど誰でも入れるお寺もあるので参拝してみるのはおすすめです

タイの寺院と比較するのも楽しいです、似てる部分おおいので
ただ一部のお寺は館内撮影禁止だったりします

collage
写真上はホーチミンの寺院、下はタイのワット・ポー内、日本では布袋様ですかね?
ホーチミンではほとんどのお店の入り口に祭壇がありこの方が鎮座してます


フランス統治下の影響でしょうがカトリック寺院も多く見受けられます、建築様式も洋風が多い
batch_IMG_0331

86C5C552-56BB-4815-9AD7-096DAD8E3AFA_1_105_c

ヴィーガン人口増加の理由

ヴィーガン人口が近年急速に増加している理由は、主に以下の3点が挙げられます。

  • 動物愛護への意識の高まり: 動物実験や畜産業における動物虐待の問題が広く知られるようになり、動物倫理的な観点からヴィーガンを選択する人が増えています。
  • 環境問題への関心: 畜産業は環境負荷が大きい産業であり、地球環境保全のためにヴィーガンを選択する人が増えています。
  • 健康志向の高まり: 植物性食品を中心とした食生活は、健康に良いというエビデンスが近年多く報告されており、健康志向の人々がヴィーガンを選択するケースも増えています。

今後の展望

ヴィーガンは、動物、環境、そして自分自身の健康を守るための有効な手段の一つです。今後もヴィーガン人口は増加していくと予想されており、食文化や社会全体にも大きな影響を与えていくでしょう。
宗教的な理由を除けばですが、社会が成熟するに連れそういった思考が生まれてくるということなのかもしれません。

情報源

次は宗教から掘り下げてみていきます
ユダヤ教の食生活についてです